FC2ブログ
X-LIFE
「今日は指輪が決まって良かったよ」

チーン


今日のデート、そして指輪が決まったこと
なにより、今、二人で過ごしていること

乾杯をした


嫁も少し表情を緩め微笑んでくれた

「疲れた?体調は大丈夫?」

「ありがとう、大丈夫だよ」

運ばれてくる料理が気に入ったのか・・
お腹が減っていたのだろうか


食べる内容と共に口数も増えた気がした
僕は少し安心した


2人っきりででゆっくり食事をする
夫婦なら当たり前の事かもしれないが
僕にとってこの時間は久しぶりで
とても新鮮で、でもどこかで嫁の様子を
伺って・・・


嫁の行動や考えが僕とは違った
「夫婦」のあり方だった

この日までのやり取りじゃ
とてもじゃないけど夫婦とは言えないと
僕は考えていた


しかし、言いたい事を我慢してでも
とにかく今は関係を築くために
嫁の「笑顔」を優先させたい


今。目の前で料理を美味しそうに食べている
存在は紛れもなく僕の「嫁」だ

・・・大事にしたい


無意識に体が反応する・・・・





抱きしめたい










お腹がいっぱいになり満足そうな嫁を見ていたら
僕も笑顔になった


僕はふと時計をみた
時刻は8時になっていた

今日のタイムリミットは9時の予定
あと一時間残っていた


残された時間で一体どれだけの事が
できるだろうか・・
一体どれだけの愛を伝えれるだろうか・・・


僕は「家まで送るからね」
と嫁を車に乗せ車を走らせた


そしてこの後のやりとりが
まさかの出来事で
どん底に叩き落される事になろうとは・・・


知る由もなかった







【2016/09/03 17:38 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
X-LIFE
楽しい時間は少しも待ってくれない・・・

どんどん時間は過ぎていく



結婚指輪は決まったが刻印でのやりとりに
少々引きずった気持ちをもっていた
僕の表情に出てしまっているのだろう
嫁はあまり口を開かなくなった


このままでは気まずいな・・・

僕は問いかけた
「晩ごはんは何か食べたいものある?」


嫁はそっけなく返した
「なんでもいいよ」


嫁が何か言ってくれたらと
何件か視野に入れていたお店があったが
こうなったら僕が決めてやる


「じゃ今日は僕がきめるね、なにかは内緒だから」


と言いつつ車に乗ったものの
僕の頭の中はこんな感じ・・・・

(嫁は今日どんなもんが食べたい気分なんだろう)
(せめてジャンルだけでも聞けばよかったな・・)


どこに車を向かわせればいいのか分からないまま
運転していたが、ふと思い出した


・・・そういえば会社の先輩がお薦めしてくれていた
お店があったっけ
すごく美味しくて雰囲気もいいって言ってたな
よし!そこの店に行ってみよう
なんとか嫁に気に入ってもらえたら嬉しいのだが


車を30分ほど走らせ到着した頃
空はすっかり暗くなっていた


店内に入ると僕のテンションが少し上がった
それは見るからにオシャレなお店だったからだ
そして上品さも清潔感も感じられる店内


先輩!サンキュー!!・・・と心で感謝


そして、なんとなく未だにツンとした二人が着席


そして嫁が一言
「いいお店だね、誰かと来たことあるの?」


僕は素直に
「初めてだよ」「綺麗なお店だね」


・・・・なんかイマイチ二人がぎこちない
せっかくのディナー楽しくしたいな
メニューを見るといくつかのコースがあったので
一つを選択しオーダーした


ここから先は楽しい時間になりますように・・・・








【2016/08/20 16:31 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
X-LIFE
嫁の指輪も決まり
不意打ちとはいえ速攻で購入を決めた


これもサプライズの一つ
嫁も喜んでくれるだろう



店員さんを呼んで
結婚指輪の購入の意思を伝えると
店員さんは自分の事にように
笑顔で祝福してくれた


いろいろと想いが詰まっていた僕は
その祝福が本当に嬉しかった


そして店員さんはこう言ってくれた
「結婚指輪に記念日の刻印やイニシャルの刻印
などできますがどうですか?」


へぇ~そんな事もできるんだ・・・



僕は是非とも結婚記念日の刻印をしてもらいたく
それは嫁も同じ思いで考えてくれてるだろうと
思って嫁の方をチラッとみた


すると嫁は僕に目配せをしながら
首を横に振っていた


えっ!?


僕はとっさに
「へっ!?嫌なの??」
「刻印入れてもらおうよ、僕は入れたいな」


嫁 「私はそういうのいらないから」
「入れたいなら入れてもらってね」


僕 「は?僕一人で刻印するの??」
嫁 「だって私はしたくないから」


目の前の店員さんもそのやり取りに
少し苦笑いだった・・・


そしてすかさず言ってくれた
「今すぐに決めなくても大丈夫ですよ」
「また連絡もらえればOKです」


僕 「すいません大丈夫です、今きめますから」


僕は嫁に言った
「結婚指輪なんだから結婚記念日でいいやん」
「嫌ならイニシャルにする??」

嫁 「ごめん、どっちも入れたくない・・・」


僕「僕がどうしても入れたいってお願いしてもダメ?」


嫁「うん、ごめんね」

僕「・・・・・・・わっかたよ」


しぶしぶ店員さんに伝えた
「すいません、刻印の方はやっぱり結構です」


店員さんは最後まで優しく言ってくれた
「もし刻印したくなったら引き渡しの時にでも
また言ってもらえればさせて頂きますね」


「はい、ありがとうございます」


せっかく二人の結婚指輪買えたのに・・・・
なんか・・・・気まずいし・・・・


一日しかないデート
ここは切り替えて盛り上げないと


でも正直、刻印は二人が納得してだけど
入れたかったな・・・








【2016/08/04 13:35 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
X-LIFE
2人の結婚指輪

今日のデートの目的の一つに僕は考えていた


準備の段取りがおかしいのは分かっていたが
まだ二人の結婚指輪を見に行ってなかった

トントン拍子に話が進み夫婦にはなったが
指輪も含め足りないものも幾つかあった


それとなしに百貨店に入り貴金属などを
視界に入れた所で切り出した


「結婚指輪なんだけど、どんなのがいい?」

「そうだったね、すっかり忘れてたね」


「私はティファニーで見てみたいな」
「じゃ一緒に見に行ってみようよ」


普段あまり来ない雰囲気に飲まれそうに
なったが嫁に付いて歩く事で平静をたもてた


そしてティファニーのリングを見ながら嫁が言ってきた


「あなたも見たいブランドがあるなら見てきていいよ」
「一人で選べるから大丈夫だから」


僕 「えっ!?」「同じブランドじゃないの??」


「いいよいいよ!お互いに好きなリングでいいやん」


・・・・僕はてっきり同じブランドで選ぶもんだと思っていた
結婚指輪ってそういうもんなんだ・・・


でもそれならそれでどこを見るにしても
なんで二人で一緒に見ようって言ってくれないんだろう


テンションが下がり不安がよぎる
でもここは食い下がった


僕 「じゃ僕のは後でいいから一緒に見てるよ」
そういって嫁の邪魔にならないようそばにいた


しばらくして嫁が言った
「私は決まったよ」

僕 「そうなん!?他のブランドは見なくていいの?」

嫁 「うん、私はいいの見つけたからここがいい」


僕 「決断が早いね、もっと見て回るかとおもってた」
   「いいのがあったなら良かったね」
   「じゃそれを買おうよ」

嫁 「えっ!?今?あなたのは見なくていいの?」

僕 「僕は同じ型のペアのリングにするよ」
   「それがいいって考えてたから」


嫁 「そんな無理に私に合わせることないよ」
   「ゆっくり見て来たら?」


僕は少し意地悪にこう切り返した


僕 「僕と同じ型のペアリングをするのは嫌??」
嫁 「そういうわけじゃないけど・・・」


僕 「なら決まりね」
  「スタッフさん呼んでくるね」



しかし、この後

思いもしなかった展開で僕は心が折れた・・・・










【2016/07/21 14:00 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
X-LIFE
本来なら旅行に行ってただろう2日間の初日

嫁との待ち合わせは午後


旅行は行けなかったがデートができる喜びからか
朝から目が覚めてしまった

こうなりゃ旅行は仕方ない・・・
でもその分の2日間はたっぷりと遊んでやるぞ!!


お互いの交友関係、仕事関係を優先させて
僕はいつからか、嫁に対して不安をもっていた


なにかと「二人で」の時に限って
ダメになるケースが多いような気がしていたからだ


それも会っていない時間が多かったのだから
仕方がないともいえる
だからこの2日間は大事に過ごそうと決めた


そして待ち遠しかった午後、嫁と久しぶりに会えた



・・・・そして早速

・・・・・・・・・・・出鼻をくじかれた



嫁「ごめん、明日なんだけど用事ができちゃったの」

僕「え!なんで?何があるの?」

嫁「両親とどうしても親戚の家に行く事になって・・・」


僕は心のどこかでこうなる展開を予測していたのか
不思議と冷静に聞く事ができた・・・が
ごくわずかな感情だったが冷めた心情も
入り混じっていた事にこの時はまだ自分でも
気付く余地はなかった


僕「そうなんだ・・・・残念、楽しみにしてたのに」
 「じゃ今日は夜もしっかり付き合ってもらうよ」
 「何時ぐらいまで大丈夫なの??」

嫁 「それが・・ちょっとほら・・・あれだから」
 「体調がいまいちしんどくて・・・9時くらいかな」


僕「しんどいの?大丈夫?」
 「でも9時か・・思ってたより早いな・・・」
 「寂しいな・・・でも仕方ないか」


嫁「大丈夫だよ・・でもごめんね」




2日間はゆっくり二人で過ごせると思っていたのに
実際に過ごせるのはたったの8時間か・・・

・・・仕方がない
今日を楽しく過ごせるようにがんばろう


今日は二人でなんとなくだが
家具や電化製品、雑貨店などぶらぶら見て回ろうと
話していた、そして・・・

嫁には伝えてないが時間があれば
結婚指輪も見たいなと僕は考えていた



いきなり出鼻をくじかれて始まったデート
たかが8時間・・・されど8時間・・・
一体どんなデートになるんだろう・・・・・








【2016/06/30 16:47 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ