スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
X-LIFE
新居が決まり、ほっとしたのもあったが

結局引き渡しの日は僕一人だった



家具選びも「一緒に行こう」と誘ったが
仕事が忙しい時期らしく日曜日すら出張に
行く状況だった


2人の休日が合わない中それでもなんとか
2人で家具を一緒に選びたかった僕は
どこかで予定を合わせる事はできないかと聞いた


しかしどこを取っても「出張が入っている」というのだ
僕は不信に思い少し問い詰めた


「そんなに毎週毎週、日曜日に本当に出張なん?」
「僕もバカじゃないおかしいよその会社・・・」


すると嫁は追い詰められたのか口を開いた


「ごめん、ちょっと旅行とか行ってた・・・・」

僕 「は??」

「月曜に出張があるときは日曜に前乗りして
現地で観光したり遊んでた」

僕 「??」

「他にも出張って言いながら友達と旅行行ったり
親戚と旅行行ったりしてた・・・」

「来週もちょっと海外に行ってきます・・・」
「この際言いたい事言っとくね」
「新居だけど・・・三階の部屋は私の部屋にほしいです」
「寝室は別々にしてほしいの・・・」

「だから三階の家具以外はあなたが決めて好きなの
選んでくれていいから、文句とか言わないし絶対」


僕 「なに・・・それが普通なん?おかしくない?」
僕 「言いたい事がありすぎて分からんくなってきた」


「確かにちょっとおかしいかもね・・・」


僕 「じゃ・・なんで・・・」


「聞いて・・正直私はまだあなたの事を知らなさすぎる」
「夫婦として不安もあるし、結婚生活にも不安がある」


僕 「なら余計に二人で頑張っていかないと・・・」

遮るように嫁は言った

「だから・・それが・・・頑張る気になれないの・・・・」
「あなたを知りたいと思う気にまだなれないの・・」
「少しづつだけど私なりに頑張ってるの」


僕 「もう僕たち夫婦なんだよ・・・」
「もう籍だって入れてるし新居だってきまった」
「僕は二人の為にと必死で行動してきたけどお前は
嫁として今何をしてる?」

「毎日、おはようすらメールもなく
お疲れさまともメールもなく・・・・
・・・・・・・」



・・・・・僕は初めて不満をぶつけてしまった
溜まっていた想像と違うしんどい生活に、そして
僕もずっともっていた不安の事全てが言葉になって
外にでた


これで少しでも夫婦が良くなればと伝えたつもりだった



しかし海外旅行から帰ってきた嫁の対応は
さらに深く冷たい態度になっていったのだった










スポンサーサイト
【2016/10/20 13:12 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<X-LIFE | ホーム | X-LIFE>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。