FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
X-LIFE
不安と期待が交互に気持ちを切り替える

季節は夏真っ盛り!!
仕事上がりのビールは最高!!

そんな夏のお盆休みに僕は一泊二日の
三重県!温泉&グルメ旅行を企画した

海の幸!松坂牛!そして赤福
三重県は美味しいものが豊富だ


嫁も興味を持ってくれるだろう
そして初めてのお泊り旅行だが嫁は
なんと返事をくれるだろうか・・・


断られるかも・・・と思いながらも
嫁に電話で日時と内容を伝えると
嫁は快く賛成してくれた

一気にテンションが上がりワクワクしてきた
仕事にも熱がはいる


は~や~く こ~い こ~い 
ぼんやすみ~~っっってかっ!!!



おおきな楽しみを持って仕事をしていた
日々だったがある休日の前夜に珍しく
嫁からの連絡がきた


どうやら明日結婚式での衣装合わせに
来てほしいとの事だった
あまり僕に負担を掛けないようにしてくれたのか
嫁が段取りを率先してくれた


これまた急とは言え久々に会えるので
ワクワクして衣装屋に乗り込んだ
すでに嫁は到着していてどうやら僕を
待ってくれていたみたいだった


僕 「どんなのがいいの?」
嫁 「うん(笑)まだ内緒・・・」

僕 「そうなのでも今日決めるんでしょ?」
嫁 「そうだよ、でも先にあなたの衣装ね」

僕 「俺はなんでもいいよ(笑)」
「時間もったいないから先にきめなよ」

嫁 「そうだよ!だから早く着てみて」


嫁はどうやらすでに僕に似合いそうな衣装を
選んでくれていたみたいだった

そして3パターンほど試着してみると
嫁は一つを指さした

嫁 「これだね!これがいいよ!」
僕 「それなら僕もそれがいいよ」

僕 「選んでくれてありがとうね!うれしいよ」

僕 「じゃ早く次はお前の決めようよ」

実は僕も自分のを試着しながら店内に並んでる衣装を
こっそり見ながら嫁のイメージを膨らませていた


嫁 「来てくれてありがとうね、もう帰っていいよ」
僕 「え?なんで?」

嫁 「だって全部一緒に決めたら当日の楽しみ減るやん」
僕 「・・・・・・」

嫁 「あなたの衣装が決まってから」
「その横にいる私の衣装の色とかもあったから」
「それが決まったからあとは私が選んで決めたいの」
「だから式までのお楽しみだよ!」


なるほど!そういう事だったんだ
うんうん
確かに今見てしまうのももったいないかも・・・
サプライズは俺にもってことか

可愛いとこあるんだ・・(笑)

僕 「O,K わかったよ」
「せっかく休みが合ったならこの後食事にいこうよ」
「時間は気にしなくて選んだらいいよ、待ってるから」

嫁 「ごめん!この後も予定あるの」
僕 「そっか・・残念・・じゃ帰るね」
僕 「楽しみにしてるからね」


食事を一緒にできなかったのは残念だけど
確実に準備が進んでいることに更に楽しみが増えた

嫁の衣装も見たかったけど
無理やり居残って見るのも大人げないし
今日は嫁が俺の衣装も決めてくれたし
少し安心した気分だった











スポンサーサイト
【2016/06/10 16:58 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<X-LIFE | ホーム | X-LIFE>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。