スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
X-LIFE
今日は結婚式の打ち合わせ最後の日だった


僕は休日出勤ということもあり
先に式場で打ち合わせをしている嫁と後での
合流という形になっていた



なるべく早く仕事を終わらせて嫁と合流しようと
仕事をこなしていた
そして頑張った甲斐があり予定より早く
切り上げる事ができた




僕はこの時間ならまだ
打ち合わせの途中くらいじゃないかなと思い
早速に嫁に電話で連絡してみた


「予定より早く仕事あがれたからそっちにいくからね」


すると嫁は
「あ、でも、もうおわりそうだから来なくていいよ」
「終わったら連絡いれるから」



「えっ!?もう終わりそうなの??」
「予定よりだいぶん早いね・・」
「てっきりまだ途中だろうなって思って
そっち向きの電車に乗ったからもういくよ」



「いいってば!!あっ!!もう話も終わるから」
「私ももう式場でるからね・・・」



僕は・・・残念な事に勘付いた・・・

嫁は嘘をついている

こんな短時間で終わるわけがない・・・・
よほど僕に会いたくないのだろう
それとも他にないか・・・・




「分かったよ。でも、もうそっち向かってるから
そっちに行ってスタッフさんに「よろしくお願いします」って
挨拶だけして帰るね」



「いいって!私からちゃんと言っとくから!!」



「わかったわかった。もう先に帰ってていいから」
「僕は行くからね」



電話を切り、ため息がひとつ・・・・やれやれ・・



そして式場に到着すると
嫁の姿がそこにはあった


やっぱり・・・
終わってるはずないよな



僕は横に座り打ち合わせに合流した
そして一時間ほど話をして終了した

嫁はなにも言わず・・・
というより、何も言えず・・・黙って式場をでた


僕は嫁に
「後は当日の本番だけだね、楽しみだね」
と伝えると

嫁は
「この後用事あるからもう帰るね」



と僕の問いかけにも答えず
足早に一人で帰っていった




一人になった僕は寂しさと不安が一気に
込み上げてきた
胸が締め付けられる
なんでだろ・・




籍を入れたというのに・・・
家も購入したのに・・・
式ももうすぐなのに


現状はというと


家に一人で住み
結婚指輪もはめずに
晩御飯も一人で食べて



独身の時となにが変わったのだろう・・・

嫁は何を考えているのだろう・・・



もともと知らない2人が出会い

「結婚」に到着し

そしてまたすれ違う

そう・・まるで  X  (クロス)のような生活を・・・

過ごしていた






僕は結婚式の一週間前に嫁に
「大事な話があるから絶対に会ってほしい」
と告げた




















スポンサーサイト
【2016/11/12 18:13 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
X-LIFE
夫婦の距離を少しでも縮めて式に臨みたい

しかし、嫁の気持ちを優先して

今の状況を続けていても、おそらく何も

変わらないと思う




なにか二人を良い方向に照らしてくれる

きっかけはないだろうか・・・・



そんな時に僕のもとに連絡がきた
それは「結婚指輪」ができた連絡だった


普通だったらこの一報に喜び楽しみになるだろう



この時の僕はこうだった

・・・一緒に指輪を取りに行ってくれるだろうか?
きっとまた一人でいくんだろうな・・


僕は嫁に指輪の完成の報告とそれを
一緒に取りにいこうと連絡をしてみた


すると 以外にも素直に一緒に行く約束をしてくれた


悲しいことに僕は今までの流れから
「ドタキャン」のイメージも
かってに沸くようになっていた


そして当日の待ち合わせまでなにもなく
予定通りに一緒にショップに向かった


店員さん
「お待たせしましたすごく素敵なリングになりましたよ
早速指に通してみられますか?」


「はい!お願いします!じゃ嫁のから付けさせて下さい」

「恥ずかしいから、先につけてよ」


「いいよ!レディファーストだよ、お先にどうぞ」

「先にはめてみてよ、お願い!」


「わかったよ!じゃ僕のからお願いします!」

僕は初めて結婚指輪を指にはめ込んだ
「ゾワっ」

周りから見ればなんてことのない出来事だが
僕にはなにか改めて「実感」したというか
「夫婦」といか「気持ち」にわずかな変化を感じた



嫁にたずねた・・・「どうかな?」

「いいんじゃない(笑)」



・・・・なんだこの空気?普通やん・・・
普通の夫婦みたいやん


前回の嫁とのやり取り、そして今回の
指輪の完成で少し嫁も前向きになったかな
よかった良かった・・・


・・・・・と思ったのもやはり束の間だった


この後


嫁は店員の話も僕の話も受け入れる事なく
決して嫁は指輪をはめなかった・・・


店員さんも雰囲気を読み取り
「それではご自宅の方で二人でゆっくり着けて
みてくださいね!サイズなどで問題があったら
すぐにご連絡くださいね、本当に
おめでとうございます」


店を出て僕は聞いた
「なんでつけなかったの?」

嫁が冷たい表情でこたえた
「つけたい気持ちになれないから・・・
いいやん、あなたはつけといたら」


「ふざけるなよ」


僕はすぐにはめていた指輪を外した



結婚式の段取りを決める打ち合わせが
あと一回
そんな状況に迫っているなかでの嫁との
やりとりだった・・・・



【2016/11/03 15:42 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。