スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
X-LIFE
「えっ!どこに行くの・・・・」




車を走らせた僕に嫁がたずねた


確かに車を走らせている方向は嫁の家とは
あきらかに違う方向だった


僕は答えた



「今日のデート楽しみにしてたんだ、
ただのデートの締めくくりだよ」

「時間だってまだ少しあるでしょ」

「ちゃんと時間は守るから付き合ってよ」


車を走らせて数十分少し小高い丘の上に着いた


車を止め嫁をおろし少し歩くとそれは見えた


そう・・ただの夜景



なにも話さず、ただただ夜景をジッとみた
時間にして2分ほど・・・


恐らく実際は5分~10分経っていたんだろう・・・


言葉をかけようとして・・やめて・・・
手を握ろうとして・・・やめて・・

話をしようとして・・・・はなせなくて・・
振り向かそうとして・・やめて・・


結局、真っすぐ夜景を見ている嫁を見ていた


「付き合ってくれてありがとうね、帰ろう」
「綺麗だったね」


車に戻ろうとして二人が振り返った時
偶然にも手と手がぶつかり僕はその手を
無意識に掴んだ



そしてゆっくりと引き寄せて体を抱きしめた











・・・・つもりだった





不自然にも嫁は僕を拒んだ
「やめて・・お願いだから」
「タバコの匂い嫌い・・・だから嫌だ」



嫁がタバコを嫌っているのは知っていた
だから嫁の前では吸わないし、もちろん
匂いにも気を使っていた

現時点でそんなに自分がタバコ臭いとも思えない


「近づく事を拒否された」


頭が真っ白になり全ての事がよぎる


「嫁は僕を拒否・・してない・・??」

「本当にタバコが嫌なだけ・・・?」



デートの締めくくりは寂しい結果になってしまった

僕はその場ではショックを受けながら笑っていただろう











スポンサーサイト
【2016/09/15 14:22 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
X-LIFE
「今日は指輪が決まって良かったよ」

チーン


今日のデート、そして指輪が決まったこと
なにより、今、二人で過ごしていること

乾杯をした


嫁も少し表情を緩め微笑んでくれた

「疲れた?体調は大丈夫?」

「ありがとう、大丈夫だよ」

運ばれてくる料理が気に入ったのか・・
お腹が減っていたのだろうか


食べる内容と共に口数も増えた気がした
僕は少し安心した


2人っきりででゆっくり食事をする
夫婦なら当たり前の事かもしれないが
僕にとってこの時間は久しぶりで
とても新鮮で、でもどこかで嫁の様子を
伺って・・・


嫁の行動や考えが僕とは違った
「夫婦」のあり方だった

この日までのやり取りじゃ
とてもじゃないけど夫婦とは言えないと
僕は考えていた


しかし、言いたい事を我慢してでも
とにかく今は関係を築くために
嫁の「笑顔」を優先させたい


今。目の前で料理を美味しそうに食べている
存在は紛れもなく僕の「嫁」だ

・・・大事にしたい


無意識に体が反応する・・・・





抱きしめたい










お腹がいっぱいになり満足そうな嫁を見ていたら
僕も笑顔になった


僕はふと時計をみた
時刻は8時になっていた

今日のタイムリミットは9時の予定
あと一時間残っていた


残された時間で一体どれだけの事が
できるだろうか・・
一体どれだけの愛を伝えれるだろうか・・・


僕は「家まで送るからね」
と嫁を車に乗せ車を走らせた


そしてこの後のやりとりが
まさかの出来事で
どん底に叩き落される事になろうとは・・・


知る由もなかった







【2016/09/03 17:38 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。